×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

―――という事なので……
―――ば、ばか……そんなことしたら……
―――しかし御屋形様はお聞き入れにならない。このままでは……
―――佐々、お前……
―――事後の事、よろしくお願いしますね。
     それから、誰にも話さないでください。相手を刺激しては、かえでさんが……―――



「――っっ!!!」

がばっとかえでは飛び起きた。
汗でぐっしょりと寝間が濡れている。
今のは……夢?
でもリアルすぎて、まるで現実のようだった。
話していたのは成政さんと……利家くん?
昼間のことを思い出して、夢に見てしまったのだろうか。
それにしてもなんだろう。
この気持ちの悪さ。
悪夢を見た後のような、胸の鼓動。
はっきりとさめてしまった、目。

「かえで!かえではおるか!」

どたどたという音と信長の声がする。
まもなく信長がふすまを開けて入ってきた。

怖い。
そう思った。
いつもの信長じゃない。
そう感じた。
眉間にしわがよっている。
形相がまるで鬼……何かに腹を立てているのは明らかだ。

「おるなら返事をせい!」

「ご、ごめんなさい!」

やはりただことではない。
一体どうしたというのだろう。

「お前、昼に成政に会うたそうじゃな」

成政さん、不意に今の夢が鮮明に頭によみがえる。
あわただしい周りの雰囲気に、戸惑いながらもクビをたてに振った。

「成政はどこにおる」

「え?」

「あのな?佐々殿が見当たらないんだよ」

秀吉が付け足す。
成政さんが行方不明??
かえではあわてて昼のことを話した。

「だから、最後は利家くんと一緒に……」

「お犬、か」

信長はそれだけいうと、すぐに踵を返し、部屋を出て行った。



信長の、今までに見たことのないような形相。
成政の失踪。
へなへなと力なく座った傍らに、秀吉が来て身をかがめる。

「大丈夫か?……又左、変なことにならなきゃいいけどな」

「変なこと?」

まだ緊張に固まる身体をむりやりふるいおこして、かえでは秀吉に聞いた。
すると秀吉は低く小さな声で、悩みこむように口を開いた。

「又左、あいつはなんていうか、義理堅いというか、その、まっすぐすぎて……御屋形様のご不興をかわなきゃってな……
 本当に又左がこの失踪にかかわってて、佐々殿に最後にあったっていうなら、あいつはきっと佐々殿と何らかの約束をしてる。
 その約束、おいらは大体察しがつくんだが」

「……誰にも、言わないって事?」

かえでが夢で見たことをそれとなく口にだすと、秀吉は驚いた様子でかえでを見た。

「お前なかなかの策士だな」

どうも同じ「約束」を秀吉も思い描いていたらしい。

「その約束、もししてたら絶対御屋形様であろうが又左は口を割らない。なんで佐々殿がいなくなったのか知っていても、約束したから……。
 そんな理由、今の御屋形様に通じるわけない」

「私、利家君のところに行ってくる!」

「待て!いってどうする」

立ち上がったかえでを秀吉が制する。
しかしその制止を振り切って、秀吉を部屋の外へと追い出した。

「とにかく、こんなときに寝てられないもの。着替えるからでてって」

着替えるといえば秀吉はおとなしく出て行く。
かえでが思ったとおりだった。
状況が状況だから、動きやすい制服に着替えた。
そしてそっと秀吉が待っているふすまとは反対のほう、庭のほうのふすまを静かにあけた。

秀吉は切れ者だ。
それは天下人だからとかそんな事ぬきにしても、同じ館に暮らせばわかる。
その秀吉を、かえでは説き伏せられないと思った。
だからこうして……そう、そっと出て行くことにした。
秀吉の館と利家の館はとなりだ。
だから秀吉が気づいても、そのころはもう利家の館についている。
かえでは周りに気をつけながら、利家の館の門をくぐった。