×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「騒ぐな」

口から手がはずされる。
その手がかえでの腕を後ろでに奪う。
逃げられない。

「前田利家はどこにいる?」

怖い。
言いたくても恐怖で声にならない。
低い声にただ震えていた。

「あ、あの……剣、はずしてください……」

通じるわけがない。
彼がどう見ても敵意を持っているのはわかる。



ところが男は素直に剣をしまい、後ろでに自由を奪ったかえでの腕を自由にした。
振り向いてみる。
忍だ。
剣だと思っていたのは……大きな鎖鎌だった。

「言え」

テレビや時代劇で見たことはある。
でも本業忍は初めてだ。
それも、脅されている。
恐怖にあとずさる。

だんっ!!

天井から人が降ってきた。
二人だ。
背後に……囲まれている。
顔を隠しているので誰が誰だかわからない。
皆同じ服装で、皆同じ位の年齢なのだろう。
そして皆同じように鎖鎌を持っている。

かえでに自由を与えたのは、すでに囲んでしまっていたから。
これでは与えられた自由も、もはや自由ではない。

「やだ……」

「……」

最初の忍がなにやらサインを送る。
するといっせいに忍たちがかえでにとってかかる。
また腕をつかまれた。

「逆らうなら、殺すまで」

鎖鎌があがる。
殺されるっっ!!

「かえでーっっ!」

がたんと戸が外れる音がする。
いっせいに視線が音のしたほうへ集まる。
利家だ。

「……お前らいったい何なんだよ。オレに何のようだ」

本物の槍を持っている。
妙に息も荒い。
水を汲んでくる、といって出て行ったのに、汲んできた水はない。

「遅い帰りだな」

「お前の仲間に邪魔されたんだよ」

「……ならばさっさと屋敷に戻ればどうだ」

「まだ雑巾がけ終わってねぇ」

な……私を助けに戻ってきてくれた……わけではないのね。
ちょっとかえではがっかりした。
がっかりしたが、やはり利家ならしかたない、と納得しようとした。

「それにその様子じゃ、どうせ館にも忍び込んでるんだろうが」

「抜かりなく主の影として働くのが忍びだ」

「とにかく……」

槍を構えなおす。
切っ先はこちらへ向けられた。

「かえでを離せ。オレに用ならそいつには関係ない」

「よかろう」

「きゃっ!」

取り押さえていた忍がかえでを壁へたたきつけた。
自由にはなれたが、壁へひどく体を打ちつけた。

「もっと丁重に扱えよ……相手は女だろうが」

「前田利家……我が主が命により、お命頂戴する」

三人いっせいに利家に襲い掛かる。

「そう簡単に頂戴させてたまるか!!」

利家が払う。
できた隙間から、三人の囲みの外へ出た。
出てすぐ体の向きを変えて一人の忍に突きを食らわせる。

「くっ!」

掠めた。
その伸びきった槍と腕に、鎖が巻きついた。

「なっ!」

ぐるぐると巻きつけられていく。
身動きが……取れなくなる。

どうなるんだろう。
かえでの頭の中にある知識では、確か彼は病死だ。
でも、今の状況ではどう見ても勝算がない。
このままでは、あの鎖鎌の餌食になる。

「くそぅ……」

もがくが当然軋むばかりで外れない。
鎖鎌が構えられた。



――てめぇ何もんだっっ!

その槍の持ち主が叫んだ。
槍だ。
槍がこちらを向いている。
槍といったら刃物である。
刃物といえば怪我をする。

――怪我どころではない。
死ぬかもしれない。
そんなことをしたけど、利家はただの一回もかえでを傷つけようとしたことはなかった。
今のさっきだって、利家が来なければかえでが殺されていた。

――みんな刀持ってるし
……いつ殺されるかわからないし……

――そりゃ持つだろ。もってなきゃどうやって身を守るんだよ

そう、ここはいつ死んでもおかしくない、戦国の世。
私は今ここにいる。
だからここは過去じゃない。
だから、先のことはきっとわからない。

――今、利家が死んでしまうかもしれない。
今、ここで殺されてしまうかもしれない。
私はそれを見るの??
黙って、殺されるのを……

――嫌だ。
死んでほしくない!!

かえではまだ残っていた稽古用の槍を手に、思いっきり鎖鎌を振り上げた忍へ殴りかかった。